フォールディング・カヤックの制作 構造体は完成!


コックピット回りの最後の部品です。
単なる集積材のコンパネから切り出して加工を進めていくと、段々とカヤックの部品になってそれまで全く無かった価値観や愛着が湧いてくるのが面白いものです。


今回の工作で非常にうまく行ったのが蝶番の利用です。
51mmのものを使いましたが、強度的にもコスト的にも最適でした。

ジョイント用には蝶番の軸棒の頭をグラインダーで削って分解して使っています。
繋ぐ時は別途釘で作った軸棒を差し込むだけでしっかり固定されます。


これでほぼ構造体は完成しました。
バンブー・カヤックよりも強度はありそうなので問題はないかと思います。

残る作業は各部の身抜きや調整とサンディング、塗装とスキンの作成です。
サンディングだけで1年は楽しめるかも・・・(笑)