普通のスケボーをロングボード化する

 
アマゾンで買った1800円のスケボーですが、すぐに挫折する可能性もあったので一番安物をチョイスしましたが、本当はちょっと高めのロングボードが欲しかっのです。

現状、特段の不満はありませんが、ちょっと乗れるようになるとやはりロングボードがほしいのです。ということで安物のスケボーをロングボード化してみました。


このスゲボーは31インチ(78cm)のサイズですが、ロングボードになると40インチ以上のサイズになります。ロングボードは単にボートが長いだけでなくて、一番の違いはホイルベースが長くなるところに特徴があります。

このボードの元々ホイルベースは42cm程ですが、これを長くしてロングボード化?してみたいと思います。

このボートは前後関係なく両端がお同じように跳ね上がったデザインになっています。
この部分にタイヤのトラックを移動してみたいと思います。


工作は簡単で、ドリルで穴を開けるだけです。


ついでにベースのライザーパッドに4.5mmのベニアを追加して底上げしてみました。
これで傾けた時にタイヤとボードの接触を軽減できると思います。


結果的にホイルベースは73cmに伸びました。


問題はホイルベースが長くなると小回りが効かなくなることですが、跳ね上がった部分にトラクターを取り付けたのでタイヤの切れ角度は多少アップすると思います。


乗ってみると、タイヤがボートの両端にあるので安定感がかなり増しました。
ホイルベースが伸びた分、ボードは適度にしなりますが強度的には問題なさそうで、乗り心地もアップしました。しかし小回りは以前より効かなくなった感じです。


おそらく初心者にはロングボードのほうが乗りやすいんじゃないかと思います。
ゆったりとノンビリ乗れるボードになりました。

まぁーこういう遊びは中坊の頃にやっとけよ!ということでしょうね。w
いい年のオヤジがやる遊びじゃないです。

これでボードもオリジナル化できました。

「スケボーで公道を走れるのか?」 スケートボードと道路交通法について

基本的に「スケボーで公道を走れるのか?」
という疑問があったので調べてみました。

スケートボードは自転車のような車両とは扱いが違います。
構造的にハンドルやブレーキもありませんし、そもそも不安定な乗り物です。
道路交通法ではスケートボードは禁止行為として規制されています。

[道路交通法]
 第五章 道路の使用等
  第一節 道路における禁止行為等
 第76条(禁止行為)
  4項3号
交通のひんぱんな道路において、球戯をし、ローラー・スケートをし、又はこれらに類する行為をすること。

http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=335AC0000000105&openerCode=1

これに違反をすると5万円以下の罰金に処されます。

ここで問題は「交通のひんぱんな道路」という解釈が曖昧ですが、一般常識的に自動車が常時走っているような道路で、自動車等と並走してスケートボードで走るようなことは出来ないと解釈するのが妥当だと思います。

おそらくほとんどの国道、県道、市道はアウトでしょう。
ただ、こちらのような超ド田舎のほとんど通行する人も見かけないアイ・アム・レジェンド な過疎地では、ある程度許容される所もあるんじゃないか?と思います。

ほとんど人や車の通行がない農道や林道、河川管理用道路なんかは「交通のひんぱんな道路」とは言い難いので、安全に配慮した上でスケボーで走ることはできるかも?しれません。
ただし騒音問題など周りの住民感情というのもあるので、できるだけ専用のパークや類似する公園のような場所で乗るのが適当かと思います。

無用なトラブルがないよう周りに十分配慮して楽しむのがいいようです。
そんなことで、当面は自宅前の庭先か自宅までの私道が練習場になりそうです。


2020年の東京オリンピックからスケートボードも正式なオリンピック競技になることですから、これを機会に練習用のパークの整備や自転車専用レーンのようなゾーンの整理が進めばいいですね。

下手なんで、公道デビューなんて怖くてムリですが・・・w

【参考】
和歌山県議会、平成30年2月定例会一般質問 「スケートボードについて」
http://www.katagiri-akihiro.net/act/shitsumon/2018/0306_shitsumon-04.htm


夜のスケボー自主トレ ポンピング!


そもそもウインドサーフィンの練習用に始めたスケボーですが、同じ横乗り系というこで楽しくなってきました。

まだまだ乗るのもおっかなびっくりな状態ですが、まずはプッシュとカープの基礎をしっかりマスターして次はポンピングです。

このオッチャンのHow toビデオを見てビックリ!しました。
スケボーってヘタなチャリンコより早いじゃないですか!

How to Pump a Longboard / Skateboard - Vlad Popov - CodePink PUMP
https://youtu.be/BMDxbn5HDf8


このビデオをバイブルに練習に励みたいと思います。
残念ながら1800円のチープなスケートボードでは、こんな風にうまくタイヤが曲がりませんが、せめてゆったりしたサーフィン的なポンピングが出来るようになりたいと思っています。

そんなことで夜な夜な自主トレに励んでいます。


この時期でも1時間ほど練習すると汗だくになります。
リフレッシュにもいいですね。

しかし田舎の道はどこもダートなのです。
ド田舎の市町村には予算もないので道路の補修は追いつかずボロボロです。
滑れるのは納屋の前の5mほどの庭先だけです。

54mmの小さなタイヤでは滑れる場所も限られてきます。
こんなボートが欲しくなりました。

ONDA BOARD LONGA
https://amzn.to/2Ptj0cX



Ondaboard's New Board - ONDA LONGA
https://youtu.be/b8QyLgSk3V4


タイヤのサイズが180mmもあるので走破性は抜群です。
ダートな道や多少の段差や芝生の上でも滑れるようです。

onda longa 2015
https://youtu.be/BvGEydpVBpY


しかしお値段が・・・
これでは今回のウインドサーフィンのフルセットより高くなってしまいます。

しばらくは今のボードで我慢かな?
秋から冬の夜もいいですねー


カイトスケートのリベンジ 巨大な凧を作る


ウインドサーフィンの陸トレ用にはじめたスケボですが、カイトスケートが楽しいです。前回のカイトの大きさは1㎡程でサイズ的に非力だったので、サイズアップしてデカい凧を作りたいと思います。

素材は竹竿とダイソーで買った1.8m角のブルーシートです。
まずブルーシートを斜めにカットして貼り合わせて大きな三角シートを作ります。


フレームは竹を結束バンドで固定しただけのシンプルな構造ですが強度は十分あります。竹の組み合わせ方がポイントです。


組み立てと分解が簡単なように設計しました。
サイズは3㎡くらいになります。人生で最大級の凧です。w



ということで海に到着です。
チョビの左にあるのが折り畳んだ状態のカイトです。コンパクトです。


取り回しを考えるとこれくらいのサイズが丁度いいでしょう。



前回のカイトとの比較です。
これくらの差でも効果は絶大です。


今回は風下に下るランニングと風に対して横方向のアビームにも走ってみました。
段々とウインドサーフィンっぽくなってきました。

Homemade kite skating With my dog 自作カイトでスケートボードをやってみる
https://youtu.be/r5fkDRQzs_o


ランニング方向に走るよりアビームに走るほうがスピードが出ます。
残念ながら、風向きの関係でアビーム方向に滑れるスペースが短いので、ウインドサーフィンのジャイブに近いターンの練習してみました。

方向転換の時はウインドサーフィンだとセイルを裏返しますが、カイトスケートの場合は上下に180度回転させます。もう少し広さがあればループ走行も出来そうです。

このサイズのカイトならSUPでも十分使えると思います。
500円程で作れるので是非チャレンジしてみてください。



というとこでチョビも大満足だったようです。

初めてのカイトスケート チョビ付き


家族は各自旅行とかにお出かけされて、残されたのは私とチョビだけです。
子守を兼ねて「海にでも行く?」と聞くとチョビも乗り気です。

じゃその前に凧でも作るかな?


素材はダイソーの「カラーシート」というレジャーシートです。


この素材、かなり丈夫でハサミでも切り辛いです。



ジョインは塩ビパイプをカットして結束バンドで固定しました。
ブームは釣り竿です。w



1時間ほどで工作は終了して海に到着!



ハイテンションのチョビと子連れボーダーです。



昨日のパドルにカイトのアタッチメントを追加しました。
コンパクトに収納できるので、これならパイクでも運べます。


本日はカイトスケートです。


その前にオヤツも忘れずに!



それでは滑ってみたいと思います。
チョビはどこかな?

First time kite skating With my dog 初めてのカイトスケート
https://youtu.be/-r7Kot3WKj0


残念ながらあまり風なく期待したほど走りませんでした。
スケートボードは昨日よりちょっと上達したかな?

やはり1㎡ほどの小さなセイルでは非力なようです。
次回は本格的なセイルで試してみたいと思います。




今日もコケることなく、よく遊びました。

初めてのスケートボード(パドルスケート)

 
スケボが届いた日にちょっと部屋で乗ってみましたが・・・
「これはアカンやつやん」まともにボードに立てません。

どの位置に立てば良いのかもわからなかったので入門用のビデオを見まくりました。
この方の動画が参考になりました。

HOW TO スケボーの乗り方 プッシュ ターンの練習方法
https://youtu.be/J0PUOPAx1NA


まず、立ち方には左足を前にする「レギュラー」と右足を前にする「グーフィー」というスタンスがあるようです。やってみると「レギュラー」は全然ダメで「グーフィー」でなんとか踏ん張れました。

何度となくビデオを見てイメージ学習しましたが、テンションを上げるためにこんなビデオも見ました。

アスリートの魂 スケートボード・西村碧莉 Aori Nishimura 171111
https://youtu.be/nDV5GFr3Qhk


正直、これを見ても何が凄いのか?さっぱりわかりませんが、オリンピックがスポーツの頂点でないのはよくわかります。勝ち負けを競い合うのがスポーツの目的じゃないよね。

私はクルーザー的な乗り方がしたいだけで、あくまでも目的はウインドスケートなのでトリック(技)やオーリー(ジャンプ)には興味はありません。というか無理です。w

スケボの番組で綾瀬はるかさんが地元の「花の里児童公園」に来ていたようです。
オリンピック競技になると扱いが変わるものですね。
地元にも有望な選手がいるようです。

綾瀬はるか meets 和歌山・スケートボード篇 Long Ver.【パナソニック #ビューティフルジャパン 】 #BJ2020
https://youtu.be/uyuzuGMJTls




ということで初日です。

最初はいつもの浜の宮ビーチに行って練習してみましたが、タイルの凹凸が引っ掛かってうまく滑れませんでした。


場所を隣の片男波ビーチに移して再チャレンジです。
お天気最高で暑かっです。



First time skateboard 初めてのスケートボード(パドルスケート)
https://youtu.be/QMqsFQcSEv0


何とかコケることなく無事に帰ってきました。
2時間ほど練習して何となくボードに乗る感覚がわかってきた気がします。
杖をついたジイさんみたいですが・・・w


練習あるのみです。



バイクで運べる「ウインドスケート」を作る

 
私の場合、単にツールを買ってきて遊ぶというのは面白くないのです。
ツールは出来るだけ自分で作るもので、その試行錯誤にこそ面白味があると思うわけです。

今回のテーマ「ウインドスケート」なるものは、そもそも市販されていませんので、チャレンジする面白味があります。目指すところは「バイクで運べるウインドスケート」です。

ということで、本日その素材が届きました。https://amzn.to/2CWBQlk
チョビも興味があるようです。


思ってた以上にしっかりした作りで綺麗です。
こんなものがABEC-9のベアリングが入って、実質1800円で家まで届くなんて不思議です。ちょっと乗ってみましたが、コレ危険ですね。(^_^; )

ウインドサーフィンをやってみて何が一番大変か?というと、遊ぶためのテクニック以上に事前準備と事故処理の手間です。


【必須用品】
ボード、フィン、マスト、セイル、ブーム、エクステンション、ジョイント、
ウェットスーツ、ライフジャケット、ウォーターシューズ、グローブ、
ボードスタンド、20L給水タンク、電動ポンプ、バッテリー、レンチ、ドライバー、
お茶、ジュース、弁当、タオル、海水パンツ、着替え、タオル、ビーチサンダル、ビーチチェア

最低でも毎回これだけ用意しないとダメで1つでも忘れるとアウトです。
これがウインドサーフィンを超めんどくさくしている原因です。

そんなことでベテランの方は専用車を持っていて、常に道具一式を車に積み込んでサーフ小屋状態にされています。しかし、趣味専用のサーフ小屋車を別に持つほど余裕はないので、通勤メインのエクストレイルに毎回これだけの道具を出し入れしてるわけです。

できれば、この手間から解放されたい!のです。
お手軽にバイクで移動して楽しめたら最高なんですがねー・・・
そんな思いで今回は「バイクで運べるウインドスケート」を目指したいと思います。

アマゾンから最安で購入したスケートボードは31インチサイズ(約80cm)なので、ボードたけならバイクでも運べます。問題のセイルはミニボートのセイルに使っている3分割マストと、それに合う小形のセイルを自作したいと思います。
うまく作れば一式を背負って運べると思います。


バイクで移動できるとメリットも沢山あります。
バイクだと狭い路地も走れるのでショートカットで短時間にどこにでも入って行けますし、駐車場も必要ないので駐車代金もかかりません。自由に動ける分、使えるフィールドも広がります。しかも道具の保管場所も必要ありません。小さいことは良いこと尽くめです。

組み立て式のマストは、パドルスケートのスティックにも使うことを想定しています。ボードに乗るためのステップアップや遊びのバリエーションとして役立つと思います。

これをセットで販売したら売れるかもしれませんね。
ゆくゆくはオリンピック競技を目指して、組織化してブランドを確立すれば、日本のアディダスになれるかもしれません。w

スタートアップの出資者や製造販売を担当してくれるビジネスパートナーはいませんか?
日本ウインドスケート振興協会(Japan Wind Skating Development Association) JWSDAの初代会長として普及に努めたいと思います。w

チャレンジャー求む!