カヤックに自作のゼロ円ラダーを装着!


本日も朝からピーカンでした。
日差しが強く暑かったのでカヤックで出動するか?迷っていたのですが、納屋をウロウロしていたら小さな元まな板を見つけました。ひょっとするとこれは使えるかも?と思い立ってラダーを作りはじめました。

このカヤックは20年ほど前のビンテージモデルなので、現在市販されている一般的なラダーは装着できません。もちろん当時物も手に入りませんので自作するしかありません。

ゼロ円工作はまず材料のゴミ探しからスタートします。
今回見つけたゴミは、まな板と錆びた蝶番、ステンレスの棒、塩ビ板、ネジとワッシャーです。ステンレス棒は食器を入れるカゴから切り出して、蝶番をカットして軸受を作りました。難関はネジとナットとワッシャーですが幸運にも4組見つけることが来ました。


なんとか形になったのが14時です。
いつもなら海から上がる時間ですが、ここまで来るとテストをしたいわけです。
慌てて支度をして出動しました。


カヤックを組み立てて、ラダーの取り付けが終わったのが15時です。


一般的なカヤックのラダーは折り畳むデザインになっていますが、このラダーは折り畳みません。
このカヤックの全長は460cmで全幅は65cm、喫水線は船底から約10cmほどです。カヤックは流線型なので、ラダーが多少でも水面に浸かっていれば水流の流れを変えることができます。


ラダーのコントロールはフットペダルで行うが一般的ですが、折り畳みカヤックで毎回リンケージロープを船体に通して、ペダルと接続して調整するのは現実的ではありません。

ラダーのリンケージロープはコックピットのコーミングで折り返して途中にハンドルを付けました。これならロープを引っ掛けるだけで簡単に装着できます。ラダーは主にセイルで帆走する時に使うので、ハンドルでコントロールするのは都合がいいのです。


何より、先日の砂の撤去工事でスロープから海までの水路が復活していました。
これでまた、しばらくはここを利用できそうです。


さてラダーはどうでしょうか?
期待したほど水中に浸かっていませんでしたが、ハンドルでコントロールコードを操作してみると確かに効果があります。
海は海流や風や波の影響でまっすぐ漕ぐのが結構難しいのですが、ラダーで当て舵をすることで楽にコントロールできました。使えそうです。


まず風上に向かって漕いで、セイルを上げて帆走でリターンするというのを1時間ほど繰り返していました。微風でしたが気持ちよかったです。

Homemade Sail & Rudder Kayak
https://youtu.be/adxZMtmFUDE


市販のラダーは安いもので2~3万円ほどしますが、自作のゼロ円ラダーでもそこそこ楽しめました。

ハンドル式のラダーコントロールシステムを実用新案に登録しようかな?w



水と砂 TIC-80

 
水と砂の違いは何でしょうか?


同じ粒子ですが、簡単には粒子の大きさと摩擦抵抗が違います。


このプログラムでは、キャラクタージェネレーターで適当に作った敵を撃つと水や砂の粒子に変化します。

プログラム的にはキャタクターを管理するパーティクルとビット粒子を処理するプレーンを別管理しています。

処理は簡単で、当たり判定で敵と弾がヒットした場合、敵のスプライトのメモリを粒子メモリに転送しているだけです。

粒子の移動処理は、砂なら真下、右斜め下、左斜め下をチェックして空白ならビットを移動します。水の場合はさらに真横にも移動チェックするだけです。応用すると煙や炎といった他の動きも処理できます。


パーティクルの粒子処理としてよくある古典的なアルゴリズムですが、ゲームの映像効果に利用すると面白いかもしれません。


スーパーカブとミニヨット


久々にカブ号でミニヨットをやってきました。
荷台の袋にヨットが入っています。







今回はダガーボードの取り付けを変更してみました。
チャリンコのサドルを止めるネジを利用して簡単に出し入れできます。



本日は大潮で遠浅です。
お天気と風は良いのですが、少し波がありました。


Folding mini yacht which can be carried with Honda Super Cub
https://youtu.be/th4_VBdlTAk



ミニボートの速度とボラ


ミニボートの動力出力は1.5kw(約2馬力)以内となっています。
2馬力のエンジン船外機を付けたミニボートなら凪での速度は8~9km/hが一般的なようです。

ミニボートって? - 海上保安庁
http://www.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/04sankanakukatudou/miniboat/miniboat.pdf

このミニボートはアイドリング状態で約2~3km/h、スピードを出しても11km/h程度だと思います。歩く速度が約5km/hくらいですから、それよりも遅い三輪車並みの速度でゆっくりとツーリングするとリラックス出来て癒されます。ゆっくりリズムがオススメです。


何より船外機じゃない内燃機関のボートであるというのが拘りです。
バッテリーによるエレキ仕様の電動ボートじゃつまらないですからね。


先日のツーリングを別編集した「ボラバージョン」です。
ちょっとスピードを出して走っていますが、ポイントは最後のシーンです。

Mini boat and fish jump!
https://youtu.be/58jTZyFmbho


おそらくボラだと思います。
けっこう大きなサイズですが、この辺は河口にも近いのでボラも沢山生息しているようです。ボラなんて食べるのかな?と思っていましたが、カラスミはボラの卵巣で作るのが一般的なようです。ミニボートはボラ漁にもピッタリですね。w

リタイヤしたら半農半漁で自給自足ができるよう、しっかりスキルアップしておきたいと思います。

老後の人生設計にボートとトラクターは必須ですね。w


自作ミニボート、スロードライブが楽しい!

 
梅雨入り前の晴天です。
車にミニボートを積み込んで出かけてきました。




GPSロガーによる本日のコースです。

距離 = 5.14 km
時間 = 01:28:29
最高速度 = 11 km/h
平均速度 = 3.5 km/h


1時間以上も小さなボートに乗っていると尻が痛くなります。
そんな長いドライブをギュッと凝縮した8分弱の短い動画です。

Slow drive on Mini Boat
https://youtu.be/azVMvEkGLfU


気持ちの良い日でした。