計算式で表現するアート、MIT Scratch Ap Wave Canvas

 
アートは筆で絵を画いたり楽器を演奏したりするだけじゃなくて計算式でも表せます。

この宇宙において、世の中のあらゆるものは互いに引き合う万有引力を持っています。
そのベクトルは常に流動的に変化しつづけているという姿を現したものです。
世の中、全てウェーブなのです。

Wave Canvas
https://scratch.mit.edu/projects/94614557/


まっ屁理屈は置いといて、インターラクティブなアート作品になっています。
マウスで画面をドラッグしてリリースすると波打ちます。
画面を摘まむ感じの2.5次元的な表現になっています。
画面の粒子が互いに引き合っている引力ベクトルを色に変換しています。

MIT Scratch Ap Wave Canvas
https://youtu.be/EjTth4G7x_Y


スペースキーを押すとマリオが現れます。
もう一度スペースキーを押すと元に戻ります。
まっそれだけのものですが、波が消えゆく時のモアレ現象が気に入っています。