アナログのテクスチャーマッピングのような写真から立体の街を作る 「フォトモの街角」

 
面白いものを見つけました。

「フォトモの街角」糸崎 公朗 著


一見、普通の写真集のようですが、実は工作ブックだったりします。

二次元の写真を切り刻んで立体に配置することで、擬似的な三次元な空間を作り出そうという作品です。

アナログのテクスチャーマッピングのようなものです。

技法的には珍しいものではありませんが、作品に登場する昭和レトロな被写体が気に入りました。




実はまだ一つも作っていません。

あえて切り刻まなくてもパーツを眺めているだけで作品として面白いと思います。

ちなみにこの本はアマゾンで買いましたが、新品がなかったので中古で300円でした。

しばらく眺めて過ごします。