今頃グルーブ・ボックスに悩む

 
もうかれこれ2ヶ月ほど悩んでいます。
悩んでいる時が一番楽しいといいますが、もうそろそろ決着を付けたい気もします。

既にグルーブ・ボックスのブームはとっくに過ぎ去ったのですが、最近YouTubeなどでダンス系ミュージックが人気になって若干リバイバル気味な感じです。

グルーブ・ボックスといえば、ピコ太郎が使ってるんじゃないかと噂のRolandのMC-303が火付け役でしたが、その後継機のJX-305を所有しているので今回はRolandを選定対象から外しています。

比較検討したのは「YAMAHA Rm1x」「KORG EMX-1SD」「KORG electribe」の3機種です。いずれも発売からかなりの期間が過ぎていますが、マイブームを満たす機種はこの3機種となりました。

※以下は自己分析用の勝手な評価なのでデータを含め鵜呑みにはしないでください。

【機能比較】



【参考サイト】


RM1xのメーカーサイトです。
さすがYAMAHA、未だに商品ページがあるのが素晴らしい!
http://jp.yamaha.com/products/music-production/sequencers/rm1x/?mode=model

Rm1xのリアルなパフォーマンスならこちらのチャンネルがオススメです。
手袋パフォーマンスが楽しいです。

RaveTracks
https://www.youtube.com/user/RaveTracks/videos



私好みのEMX-1SDのパフォーマンスならこちらのチャンネルがオススメです。
懐かしいKraftwerkの曲を多くカバーしています。

WERKMAN
https://www.youtube.com/user/AllanSKN/videos



KORG electribeのメーカーサイトです。
サンプル曲も幾つか聞けますがプロがソフトで相当作り込んでいると思われます。

KORG electribe
http://www.korg.com/jp/products/dj/electribe/


【総合評価】

electribeはライブパフォーマンス用リズムボックス的な感じで、単独では曲作りはできません。ハデな電飾が施されていますが、全体的なデザインがシンプル過ぎて見た目的にやる気が出ない感じです。バンドルのソフトで最終的な曲作りも出来るようですが、だったら最初っからソフトシンセでいいかもしれません。

音質的に一番好みなのはRm1xで機能的にも高級品らしく充実しています。しかし既に発売から17年も経つ骨董品です。記録メディアがフロッピーというレトロ感を面白みとするかリスクと評価するか微妙なところです。経過年数も相当なので価格は安くなっていますが、良いものを見つけるのは難しいかもしれません。

現実的にはEMX-1SDが一番無難な感じですが、モノフォニックというのが頼りない感じです。元々の価格的にもリズムボックスにシンセを1つ付けました的な作りになっています。見た目的なハデさもガジェット感が強くオモチャ的に遊べる機種だと思います。


最近の楽器業界の傾向として、本格的な楽器というよりはオモチャっぽいガジェット的な物が多くなってきています。またソフト化が進んでタブレット用のアプリ化されたものも多くなっています。しかし、やはり音楽は最終的には音の品質が重要であって、エフェクターで誤魔化したようなチープな音は音楽的なベルを下げるような気がします。

PCMやサンプラーもいいですが、その楽器にしか出せない音というのが重要だと思います。あくまでも楽を出す器なのですから、もう一度原点に戻って個性のある楽器作りをやってほしいものです。個人的にサンプラーのようなカットペ的な音楽の作り方は嫌いです。

まっしかし、最終的にはその楽器を操る技能と知識とインスピレーションが何より一番重要で、つまり音楽的才能もないのに高級な楽器だけ買い揃えても素晴らしい音楽は生まれないのです。

・・・痛感しています。