水中カメラを買っちゃいました。Kenko DSC880DW


本日も暑かったですねー
こう暑いと水が恋しくなります。

最近シュノーケリングに凝っているのですが、これが実に気持いいのです。
何とかその気持よさを伝えようと水中カメラを買っちゃいました。


Kenko DSC880DW
http://www.kenko-tokina.co.jp/imaging/camera/digitalcamera/dc_lineup/4961607434628.html

たまたま所要でご近所のホームセンターに行った時、
滅多に見ない電化コーナーでつい目が止まってしまいました。


防水性で水中3mまで撮影可能となっています。
しかも静止画だけでなく動画も撮影できると書いてるじゃありませんか。

一旦帰宅してネット調べてみると、これがかなり面白いカメラだと分かりました。
価格からしてトイデジクラスですが、価格.COMのデジカメランキング1800品目中37位とかなり上位にランキングされています。

特徴は焦点距離が14mmと超広角のレンズを搭載しているところです。
さらに液晶モニターは前後に付いていて、自分撮りも簡単にできるようです。
もちろん完全防水で水中撮影もできて、販売価格が実質7千円ほどと安いのです。
ということで衝動買いしちゃいました。


早速テスト撮影に行ってきました。
本日の入浴場所はここです。
拡大してご覧ください。


元画像は800万画素(3264*2448)の解像度です。

このカメラ、超広角のワイド感はハンパないです。
普通のカメラとアングルが違い過ぎるので撮影にはかなり慣れが必要です。

ピントの概念がないピンホールカメラなので、近くから遠くまで大体ピントが合います。
そのためかシャッター処理が高速で、連続でパシャパシャと撮影できます。

広角カメラといえばGoproが有名ですが、何だかんだと結構お高いですからね。
アクションカメラの必要性がないのならこれで十分な気がします。

本日のアプローチはこんなところです。
カブ号で20分ほどで到着する穴場スポットになっています。



さて、問題の水中撮影ですが、大丈夫なんでしょうか?
恐る恐る水に浸けると、スイッチ辺りからプクプクと泡が・・・

ビビリながらシャッターを切りましたが、どうもなさそうです。
その内に段々と大胆になってきて、電源のON、OFFも水中でピッ、ピッとな・・・

んーー、水中でカメラを操作するというこの感覚は・・・
海水浴に行って海の中でそのまま立ちションした様な妙な罪悪感。
実に爽快で楽しいです。(笑)

いっぱい撮りまくったのですが、容量の関係で少しだけ縮小画像です。





さて期待の動画撮影です。まずはお約束の入浴シーンからです。
空中の世界から水中の世界へのシームレスな接続がいい感じです。

Kenko DSC880DW 水中撮影1
http://youtu.be/oun5M9ETso4

魚にも色々なヤツがいるようで、この子はカメラにめっちゃ興味があるようです。
なんて種類の魚なのか・・・不明です。

Kenko DSC880DW 水中撮影2
http://youtu.be/cYjdaYM84Ho

さらに友達も引き連れて見学に来てくれました。

Kenko DSC880DW 水中撮影3
http://youtu.be/I95OzwZKxNQ

このカメラは単4電池2本で駆動しますが、気になっていたのは電池の持ちです。
今回のテストでは静止画90枚ほど動画を10本ほど、容量にして650MBほど撮影しましたが、電池残量にはまだ余裕があります。
電池の持ちはまずまず良さそうです。

さて、水中映像で少しは涼しんでもらえたでしょうか?
本日は曇り空で撮影にはちょっと不利な条件でしたが、まずまずの性能を確認できました。

これからの撮影はこのカメラをメインで使っていきたいと思います。
今まで以上にワイドにお届けできるかと思います。

ご期待ください。

こんな夕日も撮れます。