スキップしてメイン コンテンツに移動

PocketCHIPのキャブレーション設定とブラウザとメディアプレイヤーをインストールしてみる


ようやく届いたPocketCHIPですが、早い人は3月頃には届いていたようです。
しかしながら、PocketCHIPについてネットを検索してみても日本語の情報はほとんどありません。その筋の超マニアックな方しか購入しない変態マシーンですからね。(笑)

そんな早期に届いた超マニアックの方の情報を読んでみると非常に難解だったりします。中には既に遊び飽きて手放(放置)している方もいるようです。

そういうことで6ヶ月ほど出遅れた今更な情報になると思いますが、私的には初体験なので日記として残しておきたいと思います。この手のマシーンを触るのは初めてなので勘違いや間違いも多々ある可能性があります。自己責任でよく調べてから遊んでください。

まずPocketCHIPの基本性能ですがこんな感じです。
・SoC:Allwinner R8 CortexA8 processor @1GHz、1 Core
・Mali-400 GPU (Compatible with Allwinner A13)
・System Memory:512 MB RAM
・Storage:4GB NAND flash
・Monitor:420 x 272 pixel display 
・Connectivity:802.11 b/g/n Wi-Fi + Bluetooth 4.0
・Video Output:3.5mm jack for composite video and audio
  (HDMI and VGA available via adapters)
・USB:1x USB host port, 1x micro USB OTG port
・Two expansion headers
・Power:5V via micro USB OTG or battery、5 Hour
・GPIO Access
・Dimensions:60 x 40 mm
・Linux:Debian Jessie+Patch

CHIPには1GHzのプロセッサ、512MBのDDR3メモリ、4GBのフラッシュメモリストレージ、IEEE 802.11b/g/nのWi-Fi、Bluetooth 4.0対応しています。


4.3インチ(420 x 272)のモニターが老眼には厳しいです。


ちなみに、金色のシールの正体は・・・


ワンコ!


たぶんこいつです。

ホームメニューから直接アクセスできるソフトは以下の通りです。
・PICO-8 - play, create, share 8-bit games
・SUNVOX - listen or compose electronic music
・Terminal - use a Linux shell to run commands
・Write - a lightweight text editor
・File Browser - a graphical file browser
・Help - the same documentation you’re reading here, built into to PocketC.H.I.P.

これ以外にWi-Fiなどを設定する環境設定画面とシャットダウンやスリープ設定する画面があります。もちろんLinuxマシーンなのでターミナルからソフトをインストールすれば色々と動作します。

何と言ってもメインはやはり「PICO-8」です。
PICO-8だけでもう一つのタイニーコンピュータとして遊べると思います。

操作が難解なソフトシンセサイザーの「SunVox」は下記の動画参考になると思います。

SunVox on iOS: another simple tutorial
https://youtu.be/yLWwpA1Zj8I


まず、工場の出荷状態では若干タッチパネルがズレているようで、特に上部が押しづらい状態です。誤操作防止のためにもまずはキャブレーションしたほうが無難です。

ちなみに細かな設定にはダイソーのタッチペンが使いやすいです。
指や鉛筆の消しゴムでは細かな設定は厳しいです。

【設定方法】
「Terminal」のアイコンからターミナルを立ち上げる。
 ※事前にWi-Fiの接続をしてください。

↓まずシステムパッケージリストを更新する。
 途中パスワードの入力が来たら「chip」+ Enter
sudo apt update

↓タッチパネルのキャリブレーションをインストール
sudo apt-get install xinput-calibrator

↓キャリブレーションを実行
sudo /usr/bin/xinput_calibrator


順番に四角の+マークをタッチすると設定終了。
ただし、この方法だとシャットダウンする度に補正値がリセットされます。
起動ごとにキャリブレーションしないといけないので面倒です。

キャブレーションの値をメモしておいてコンフィグの既定値を変更します。

【設定方法】
↓「nano」で「99-calibration.conf」の既定値の内容を変更します。
sudo nano /usr/share/X11/xorg.conf.d/99-calibration.conf
 
 Option "Calibration" "3965 112 3776 227"
⇒Option "Calibration" "3929 162 3595 237"

↓上書きして終了する。
ctrl+o 上書き
ctrl+x 終了

設定後リブートするとキャブレーションが修正されます。
上記の値は端末によって個体差があると思います。
よく確認してから変更してください。


次にブラウザをインストールします。
大前提としてPocketCHIPは非力なハンドヘルドのlinuxマシーンです。
普通のパソコンやスマホのようなスムーズなブラウジングはできません。
一昔前のDSブラウザ並みに超スローでフリーズ寸前の動作になります。
しかも表示画面が小さいため全体像はよくわかりません。
あくまで緊急避難用としてネットに接続できる程度のです。


一応、標準でも簡単なブラウザは搭載されています。
ターミナルから「surf google.com」と入れるとGoogleが立ち上がります。
ヘルプ画面はこれで表示されています。
しかし、ヘビーなページではフリーズ状態になり全く使い物になりません。
下記のフォーラムあったdwb (dynamic web browser) をインストールしてみます。

Forum PocketCHIP Browser Installer Script
https://bbs.nextthing.co/t/pocketchip-browser-installer-script/4832

【設定方法】
「Terminal」のアイコンからターミナルを立ち上げる。

↓設定用のsh(シェルスクリプト)をダウンロードします。
wget https://raw.githubusercontent.com/SteveMcGrath/chipbuild/master/pocket_builder.sh

↓shを実行する。
 途中パスワードの入力が来たら「chip」+ Enter
bash pocket_builder.sh

↓リブートします。
sudo reboot

リブートすると「Get Help」が「Web Browser」に変更されています。


「Web Browser」をクリックしてブラウザを立ち上げます。
初めて立ち上げるとこんな画面になります。


DWBではキー入力によるコマンド指定になっています。
コマンドは下記を参考にしてください。

DWB(1) Manual Page
http://portix.bitbucket.org/dwb/resources/manpage.html

まず「o」コマンドでURL指定でページを開きます。
「o」→ open: https://www.google.com

後はコマンド表を参考にしてください。
こちらのページがわかりやすいです。

dwb (dynamic web browser) の特徴と利点
http://9oe.me/distro/?p=4281

【注意事項】
このままでは日本語のページは文字化けします。
別途、日本語の設定とフォント等のインストールが必要です。

DWBはタブブラウザですが、新しいタブを作って「d」コマンドで削除すると落ちました。
それ以降、動作不安定になりうまく立ち上がらなかったり途中で落ちる場合もあります。
タブは使わないほうがいいかもしれません。(未解決)

動作不安定で標準の状態ではYoutube等も見れないので、もう一つFierfox(iceweasel)を入れてみます。

【設定方法】
「Terminal」のアイコンからターミナルを立ち上げる。

↓iceweaselをインストールする。
 途中パスワードの入力が来たら「chip」+ Enter
sudo apt-get install iceweasel

↓iceweaselを実行する。
iceweasel

画面が小さくて全体がわかりづらいので50%くらいに縮小すると使いやすいです。
非常に重いですがYoutubeも再生できます。


毎回ターミナルから起動するのは面倒なので、ホーム画面のアイコンを変更します。
先程設定した「dwb」 から「iceweasel」に変更します。

ホームの変更は下記フォーラムを参考
https://bbs.nextthing.co/t/personalization-of-gui/5167

【設定方法】
↓cdで下記デレクトリーに移動
usr/share/pocket-home

↓「nano」で「config.json」の内容を書き換える。 dwb → iceweasel
sudo nano config.json

↓上書きして終了する。パスワードは「chip」
ctrl+o 上書き
ctrl+x 終了

アイコンの変更は下記のpngを変更する。
/usr/share/pocket-home/


初期値(バックアップ用)
=======================================
{
  "defaultPage": "Apps",
  "pages": [
    {
      "name": "Apps",
      "items": [
     
    {
      "name": "Terminal",
          "icon": "appIcons/terminal.png",
          "shell": "vala-terminal -fs 8 -g 20 20"
        },
        {
          "name": "Play PICO-8",
          "icon": "appIcons/pico8.png",
          "shell": "pico8"
        },
        {
          "name": "Make Music",
          "icon": "appIcons/musicsequencer.png",
          "shell": "sunvox"
        },
        {
          "name": "Get Help",
          "icon": "appIcons/help.png",
          "shell": "surf /usr/share/pocketchip-localdoc/index.html"
        },
        {
          "name": "Write",
          "icon": "appIcons/texteditor.png",
          "shell": "leafpad"
        },
        {
          "name": "Browse Files",
          "icon": "appIcons/filebrowser.png",
          "shell": "pcmanfm"
        }
      ],
      "cornerButtons": [
        {
          "location": "TopLeft",
          "name": "Battery",
          "icon": "battery_0.png"
        },
        {
          "location": "TopRight",
          "name": "WiFi",
          "icon": "wifiOff.png"
        },
        {
          "location": "BottomLeft",
          "name": "Power",
          "icon": "powerIcon.png"
        },
        {
          "location": "BottomRight",
          "name": "Settings",
          "icon": "settingsIcon.png"
        }
      ]
    },
    {
      "name": "Settings"
    },
    {
      "name": "Power"
    },
    {
      "name": "WiFi"
    },
    {
      "name": "Battery"
    }
  ],
  "background": "0000FF"
}
=======================================

音楽や動画も再生したいのでメディアプレイヤーを入れてみました。

【設定方法】
「Terminal」のアイコンからターミナルを立ち上げる。
↓「mplayer」をインストールします。
sudo apt-get install mplayer

↓音楽や映像のメディアファイルを指定すれば再生されます。(USBメディアからでもOK)
mplayer xxxxx.mp3

↓ネットアドレスを指定すればネットラジオにもなります。(作業用にオススメなアドレス)
mplayer http://205.164.62.22:9010


パソコン用の無給電スピーカーを繋げても音量も十分で結構いい音が鳴ります。
作業用バックミュージックにはいいかと思います。


【その他の覚書】
・ウィンドウ画面切り替え → Ctrl + TAB
・アプリを終了 → Ctrl + q
・ターミナルシェルの終了 → Ctrl + c
・ターミナルの終了 → exit


ひとまずここまで



このブログの人気の投稿

気になる大陸のユーチューバー「滇西小哥」

前回紹介した「李子柒」は四川省でしたが、今回は南の雲南省です。 バナナやパイナップルも育つ南国の穏やかな気候で暮らしやすそうなところです。   滇西小哥 https://www.youtube.com/channel/UCQG_fzADCunBTV1KwjkfAQQ 「李子柒」は若干作り込んだイメージがありますが、こちらはもう少しリアルな生活感を感じます。もちろん撮影用にセッティングしたものでしょうが無理のない範囲で編集されているように思います。 全体的に「李子柒」とよく似た構成ですが、食べることへの執念と、食べることで生きていくという人の基本的な暮らしが伺えます。 炼猪油,炸油底肉,提前准备过年菜。肥而不腻的油底肉你们吃过吗?【滇西小哥】 https://youtu.be/sbr-SAi6PHM 酸酸甜甜,原汁原味——菠萝饭【滇西小哥】 https://youtu.be/lNHCyQ2YHwg このチャンネルを見ていると日本の食文化のルーツは大陸にあることが確認できます。 里山の段々畑の風景も日本とよく似ています。 滇西秋天:黄澄澄的吊柿饼【滇西小哥】 https://youtu.be/yY9TcM-i6xg 爬到半山腰,只为挖一箩筐又糯又甜的红薯【滇西小哥】 https://youtu.be/-vTDMbFAY8I 活動は2年前からやっているようですが、YouTubeには4ヶ月前からの投稿になっています。本体は別にあるようで、週に1本のペースでストックされたコンテンツがアップされています。 彼女も「Papitube」に属していますが、撮影と編集は彼女を含めて2名でやっているようです。ネットの噂では兄弟で事業を営んでいるようです。 字幕も出るので自動翻訳で日本語に切り替えてご覧ください。 今天来聊聊我拍视频这两年【滇西小哥】 https://youtu.be/G8yOYePUFCs 日本の有名なユーチューバーの低俗なコンテンツに比べたら志がステキです。 こういう動画は歴史的にも残す意味があるでしょう。 考え方もしっかりしていて家族を支えるための仕事として取り組んでいるようです。 バックでは雲南の特産品などを販売するEコマースのビジネスも営んでいるようで実業家で

この冬の暇つぶしみっけ! TIC-80 tiny computer

  最近、昭和の8ビット音楽に目覚めまして、懐かしのピコピコサウンドに癒されています。 Bad Apple!! 8 Bit LSDJ https://youtu.be/BQ5PcIUcdUE LSDJ(Little Sound Dj) http://www.littlesounddj.com/lsd/ 表現できる音に制限があるので一見簡単なよう思えますが、実際は究極にそぎ落とされた俳句や短歌のような世界で、内容がギュッと詰まっていてテクニック的にも非常に難しい音楽です。 若い頃のほうがよかったと思う懐古主義的なも感情かもしれませんが、学生時代の寮生活を思い出しながら感傷に浸っています。 そんなことで、ピコピコ音楽を自分でもやってみたいと思いまして、定番のLSDJ以外に良いプラットフォームがないかな?とネットを徘徊中に「TIC-80」を見つけました。 TIC-80 https://tic.computer/ コンセプト的には仮想の小さなコンピュータを作って、それをエミュレーションすることでマルチプラットフォーム(Windows、Linux、Mac、Android)上で動作します。 機能や見た目は「PICO-8」に非常によく似ています。 PICO-8 https://www.lexaloffle.com/pico-8.php PICO-8は$14.99の有償ですが、TIC-80は今年の9月にオープンソース化して無料で利用できます。まだ日本での情報がほとんどないので自力で解読する楽しみもあります。 スペック的にはこんな感じです。 DISPLAY 240x136 pixels, 16 colors palette INPUT 2 gamepads with 6 buttons / mouse SPRITES 256 8x8 foreground sprites and 256 8x8 background tiles MAP         240x136 cells, 1920x1088 pixels SOUND 4 channels with configareble waveforms CODE 64KB of Lua or Moonscript or JavaScript

ファミコンゲームの作り方「X6 Game Player」

  アマゾンで入手したPSPっぽい謎のエミュレータの第三話になります。 【第一話】謎のエミュレータを入手「X6 Game Player」 http://ttripper.blogspot.jp/2018/05/x6-game-player.html 【第二話】謎のエミュレータをハックする?「X6 Game Player」 http://ttripper.blogspot.jp/2018/05/x6-game-player_17.html 前回はOSレベルからハックして遊ぶ方法を模索しましたが、OSが「eCos」というこで馴染みがなく、ここで無駄に人生の貴重な時間を浪費することもないか?ということで方向を転換しました。 わざわざネイティブのアプリに拘らなくても、このX6は様々なゲーム機(NES, SNES, GB、GBA, SEGA GENESIS)をエミュレートして実行できます。つまりそのソフトを自作すればX6を自由に操ることができるわけです。 結局やりたいことはそこですから、OSをハックする話は忘れましょう。w 最近はPICO-8やTIC-80で昔懐かしい8ビットのレトロゲームを作って遊んでいますが、その原点はやはり任天堂のファミコンでしょう。 PICO-8 Fantasy Console - Lexaloffle https://www.lexaloffle.com/pico-8.php TIC-80 tiny computer https://tic.computer/ ファミコンのソフトは個人でも自作することができます。 ただソフト開発にはそれなりの知識と環境を整える必要があります。 PICO-8やTIC-80のようにお手軽に作れるわけではありません。 下記のサイトではアセンブラでファミコンソフトを作成する方法を整理されています。 ギコ猫でもわかるファミコンプログラミング http://gikofami.fc2web.com/ 紹介されているコンパイラー「NESASM」は32ビット版なので、Windows7などの64ビット版はこちらにあります。 64ビット版「NESASM」 http://www.2a03.jp/~minachun/nesasm/nesasm_x86.html

ゾンビがやってくる。TIC-80レトロゲームの作り方

PocketCHIPでPICO-8に出会ってから、すっかりレトロゲームファンになってしまいました。レトロといっても中身は最新式ですが、その削ぎ落とされた世界観は芸術性も高く、今流のCGメインのゲームとは一線を画しています。 PICO-8 https://www.lexaloffle.com/pico-8.php 「ゲームの要素とは何か?」よく議論されるテーマですが、どんなゲームでも物理的に捉えると中身は実にシンプルです。 コンピュータゲームは目や耳で仮想空間で起こっている現象を捉えて、それを解釈した上で戦略を練り、適切なタイミングにアナログ的なインフェースであるボタンやマウスでコンピュータに電気的信号の答えを返します。 この作業を時間軸に沿って繰り返しますが、そのゲームが2次元であっても3次元あっても、どれだけ複雑なゲームでも実は一つのウェーブの電気信号でしかなく、それをコンピュータが計算処理しているだけにすぎません。ゲームプログラムはそれを処理する長い1本の計算式なのです。 私の場合、そんなゲームで遊ぶことより、そのゲームをプログラムすることが楽しみで、いかに効率的な計算式を考え出して、ファンタジーな世界を表現するかにワクワクするのです。コンピュータゲームは計算式だけで作られた架空の世界ですが、その世界をゼロから作り出す作業はエキサイティングで楽しいものです。 今時のAIルーチンに丸投げするようなプログラムには何の魅力も感じません。 TIC-80はPICO-8のクローンで、同じLua言語でプログラムしますが、若干動作環境が違います。PICO-8は128*128のユニークなスクエア画面ですが、TIC-80は240*136の一般的な横長のアスペクトでフォントなど見やすくなっています。 パレットカラーはどちらも16色で、色の組み合わせはPICO-8のほうが艶やかで好きですが、TIC-80のパレットは簡単に変更ができるので問題はありません。そんなことで最近はPICO-8よりTIC-80をよく使っています。 もう一つ、PICO-8は有料ですがTIC-80は無料で利用できます。 ここが最大の利点です。w TIC-80 https://tic.computer/ 前置きが長くなりましたが、現在いくつかのゲームを並行的に作っていま

オリジナルのゲーム機で遊ぼう!「GameGo」プログラマー養成ギブス

  現代の社会は、コンピュータが無くては一日たりとも生きていけないような複雑な社会システムが構築されています。 電気・水道・ガスといった生命に直結インフラや、交通、通信、金融、製造、運輸、医療、等々、もし一つでもシステムダウンすれば、社会全体が麻痺して住民はパニックになり、まとも生活は送れなくなります。 そんな社会システムを維持・管理・発展させていくためにはコンピュータを操れるプログラマーが必要で、そのための人材育成が課題になっています。 日本では2020年から プログラミング教育が小学校で必修化 され学習指導要領に組み込まれています。また中学校でもプログラミング教育は義務化されています。 もちろん全員がプログラマーになる必要はありません。 街にパン屋が必要なように、プログラマーも必要だということです。w マサチューセッツ工科大学といえばノーベル賞受賞者を多数輩出しているアメリカの名門校ですが、そのMITが共同開発を行っているプロジェクトで 「Scratch」 という教育プログラミング言語のサービスがあります。 システム業界に従事している端くれとして、将来の子供たちの育成に役立てばと思いプロジェクトに参加して一時活動を行っていました。今は距離を置いていますが、時々覗きには行っています。  https://ttripper.blogspot.com/search/label/Scratch 私のサイトでは、子供たちに斬新な着眼点と刺激を与えるようなプロジェクトを提供しています。各プロジェクトはブラウザで直接実行できるので試してみてください。 https://scratch.mit.edu/users/Time_Tripper/   ここで使われているコンピュータ言語は小さな子供さんにもわかりやすいように、言語をブロックに置き換えて、それを組み合わせることでプログラムを作っていく仕組みになっています。 コンピュータの基礎を理解するには十分な環境だと思います。 このような取り組みは他にも色々と実施されていて、今では大きなビジネスになっています。 マイクロソフトでは 「MakeCode」 というプロジェクトが運営されています。 Microsoft MakeCode コンピューター サイエンス教育 https://www.mic

TIC-80でラジコン飛行機シミュレーター

  面倒くさくなってきたので中途半端ですが、TIC-80のラジコン飛行機シミュレーターをリリースしました。 TIC-80 RC Flight Simulator https://tic.computer/play?cart=375 出来るだけ飛ばしやすいように上反角たっぷりの入門用セスナ機のようなまったりした飛びにパラメーターを味付けしました。よってアクロバットは苦手な機体になっています。 操作はマウスで行います。 左ボタンを押すとエンジンスロットルが上がります。 ボタンを離すと徐々にスロットルが下がるようになっています。 時々ボタンを押してエンジンコントロールをしてください。 マウスカーソルが画面センターで中立になります。 画面センターから下げるとアップ、上げるとダウンです。 画面センターから右、左でエルロンをコントロールします。 ラダー機能はありません。 飛ばし方は、まずスロットロを全開まで上げて加速したらアップを引きます。 機体が上昇したら若干アップ気味にエルロンで姿勢コントロールをしてください。 慣れてくると宙返りやロールもできるようになると思います。 計算上は背面飛行もできるはずですが激ムズです。 おそらく実際にラジコン飛行機を飛ばしたことがない人には難しいと思います。 遠くに飛ばすと機体が数ドットになるので姿勢を判断するのは厳しいです。 フライバイにならないように集中して飛ばしてください。w 実はまだバグがあります。 バグといっても計算精度の問題ですが、空に書いている番号の1と5がかぶります。 ソースコードはリンク先で公開してるのでチャレンジしてみてください。 そんなことで休日終了です。

PICO-8でボロノイ図を描画する

  PocketCHIPのPICO-8でボロノイ図を描画するプログラムを作ってみました。 Voronoi diagram http://www.lexaloffle.com/bbs/?tid=27793 プログラムはたったのこれだけです。 ショートプログラムは俳句や短歌のようで楽しいです。 -- voronoi diagram -- (c) time tripper 2016 bit={} bn=20 bs=32 bc=9 bf=9 function _init()  for i=1,bn do   make_bit()  end end function make_bit()   local b={}   b.x=rnd(128)   b.y=rnd(128)   b.c=1+flr(rnd(15))   b.dx=2-rnd(4)   b.dy=2-rnd(4)   add(bit,b) end function move_bit(sp)  sp.x += sp.dx  sp.y += sp.dy  if sp.x < 0 then sp.dx *= -1 end  if sp.y < 0 then sp.dy *= -1 end  if sp.x > 127 then sp.dx *= -1 end  if sp.y > 127 then sp.dy *= -1 end end function _update()  if btn(0) and bc>1 then bc-=1 end  if btn(1) and bc<32 then bc+=1 end  if btn(2) and bf>0 then bf-=1 end  if btn(3) and bf<15 then bf+=1 end  if btn(4) then make_bit() end  if btn(5) then del(bit,bit[1]) end  foreach(bit,move_bit) end function _draw()  cls()  for i=bs,1,-1 do   for b in a

立体テレビの夢、Voxon VX1

人は様々な欲があるから生き続けます。 食欲、性欲、睡眠欲、マズローの5段階欲求等々、人は様々な欲を追い求めています。 その中でも死ぬ直前まで失われないのが「知識欲」で、身体に備わった五感を駆使して身の回りの情報をより体感的捉える努力を怠りません。 インターネットが爆発的に普及したのも、スマホで覗き趣味的なSNS文化が広がったのも、この欲が起源になります。その延長線上に立体テレビもあって、情報をより直感的に捉える立体テレビは人類の永遠のテーマかもしれません。 立体テレビは過去に何度となく登場していますが、未だに一般化には至っていません。 我が家にはそんな残骸の任天堂バーチャルボーイがあったりします。 我が家の家宝 VB https://ameblo.jp/time-tripper-ame/entry-12480492665.html このバーチャルボーイをリバイバルしたのが今流行りのゴーグル型のVRやAR機で、極一部のマニア向けに販売されています。形は昔のままの巨大なゴーグル型で大きな進歩もなく、このままでは一般化は難しいでしょう。 StarVR One https://www.starvr.com/products/ 期待していたMagic Leapから「Magic Leap One」のAR機がようやく発売されましたが、コマーシャル映像ほどの機能やインパクトはないようです。環境計測の精度や視野角が不十分のようで、メガネ型やゴーグル型は視野角が重要になります。 Magic Leap https://www.magicleap.com/ Magic Leap One実機体験レポート その現在と可能性 https://www.moguravr.com/magic-leap-one-hands-on-report/ そんな中、Voxon Photonicsが開発している裸眼で立体視できる「Voxon VX1」が有望かもしれません。Voxonは2013年に設立されたオーストラリアの企業でDLP(Digital Light Processing)では実用化が見込める技術だと思います。 Voxon Photonics VX1 3D Volumetric Display in 4K https:/

空き缶スターリングエンジンの作り方

空き缶スターリングエンジンの作り方をご紹介します。 その前に、懐かしの自作スターリングエンジンを動かしてみました。 Stirling engine 「自作スターリングエンジン」  https://youtu.be/m1Hu-c-8HXw あんまり性能は良くないのですが一応動きました。 これ作ったのは10年前、未だに次の展開が出来ていない問題児です。 さてどうするか?・・・ こんなページがネットの隅に残っていました。 http://www.geocities.co.jp/PowderRoom-Tulip/6529/wood/engin2.htm 以前、自室に大きなタライのお池作り、日夜ポンポン船造りに没頭していた時期がありました。実はポンポン船の動力はスターリングエンジンなのです。 つまりエントロピーで動いているのです。(大げさな) 「ポンポン船」プロジェクト http://blogs.yahoo.co.jp/kai_yamamoto/folder/1507676.html ポンポン船は熱源で熱しられたポンプ内の水が膨張することでパイプから噴出します。水を噴出することでポンプ内の圧力が下がり、周りの水が逆流してポンプに吸い込まれポンプの水温を下げます。この出したり吸ったりする細動を繰り返すことでポンポン船は前進します。これがスターリングエンジンの原理です。 「噴出した分を吸い込んでいたらちっとも前進しないじゃないか?」 と思われるかもしれませんが、吸い込む時はパイプの周り全体から吸い込まれ、噴出する時は一気に後方の一方向に固まって噴出されるので、全体の運動ベクトルの合計は後方に反発する力が増すことになって前進します。 「扇風機の前は涼しいですが、後ろは涼しくない」と同じ原理です。 ポンポン船って面白いでしょう。   それでは本題の空き缶スターリングエンジンを作っていきたいと思います。 まず主材となる空き缶を2本用意してください。 銘柄は問いませんが、出来るだけ同じものがいいと思います。 アルミ缶のほうが工作は簡単です。 もちろんアルコール入りでなくても大丈夫です。w たまたま手元にはアルコール入りしかなかったで無理して頑張って飲みました。 ・・・おい

PICO-8のはじめ方

  PICO-8を楽しむためには、まずはマニュアルを取得しよう。 PICO-8 Manual http://www.lexaloffle.com/pico-8.php?page=manual マニュアルは英語で書かれているが日本語化してくた方がいる。 非常に分かりやすくて助かる。 PICO-8 日本語版マニュアル http://tkitao.hatenablog.com/entry/2016/07/24/214805 もう一つ、解説書(同人誌)「PICO-ZINE #1-#4」も手に入れよう。 プログラム方法を例題を交えて分かりやすく解説している。デザイン的にポップなピクセルアートな感じで見ているだけで楽しくなってくる。現在4冊発行されていて、#1だけ日本語バージョンもある。 #2-#4は英語バージョンだが、世界の共通語であるコンピュータ言語Luaなので大体は理解できるだろう。価格は投げ銭方式なので自由に値決めできる。とりあえず「No thanks, just take me to the downloads」からダウンロードを先にして後から寄付をしてもいいだろう。 https://sectordub.itch.io/pico-8-fanzine-1-japanese https://sectordub.itch.io/pico-8-fanzine-1 PICO-8のプログラム環境は、PICO-8独自の128*128ドットのバーチャルコンソール上で行う。 プログラムの実行や、プログラムを作ったり、お絵描きツールでキャラクタをデザインしたり、背景を作ったり、サウンドツールで効果音や音楽を作るのも全てこのコンソール上で行う。 ゲームの開発環境上でゲームをプレイしている感じだ。PICO-8自体が何でもできる自由度の高いゲームであって、その中で遊んでいるといってもいい。 実にシンプルでわかりやすいインターフェースだが、問題は128*128ドットという小さいコンソールだ。ゲームとして実行するには十分なサイズであるが、この中に文字を並べるとなるとかなり厳しくなる。PICO-8では5*3ドットの極小フォントが搭載されている。中には難解な文字もあるが慣れれば読めなくもない。これもユニークなデザインの一部であるが、パソコンやスマホ