カブと流木アート

風はまだ冷たいのですが、春の日差しで温かい一日でした。
午前中、キウイと巨峰の剪定作業をしました。


これが中々奥が深くて、どの枝を残してどれを切り捨てるか?
と悩みながら半日遊びました。

作業中、ずって隣で小鳥(ジョウビタキ)が遊んでいました。
今時の鳥は人間を怖いと思わないようです。
昔のように食べられることはありませんからね。w


先日、庭に来たツグミを撮影したものです。
庭木のローズヒップが好物のようで丸々と太っていました。

庭でローズヒップを食べるツグミ
https://youtu.be/oF7qkKhA8nw




午後から久々にカブ号で散歩に出かけました。
春はカブの季節ですね。







いつもの海で面白い流木を見つけました。


最近は流木アートというジャンルがあるようで、ネットで流木が販売されています。
これがかなりの値段で売れるようで商売になるかもしれません。w


そんなことで流木アート、作品番号№1「渚」です。


芸術作品ですから、それなりのお値段でお譲りします。w