エンジンポンプにスクリューを付けると走るか?

 
実地テストに行ってきました。
その前に前回からの進捗です。

フレキシブルシャフトの軸受が弱いようなので止めネジを追加してみました。
シャフトを削らないとしっかり固定は出来ないと思いますが、これでテストです。




スクリューの固定は出発前にインシュロックで適当にやっつけました。
探検カーに積み込んで裏山まで出発です。


ではテスト報告です。

Homemade small Tug Boat Test 5 小型エンジンポンプでボートは走るか?
https://youtu.be/WeJWfLYA8n0


トライ1
スクリューの取り付けが甘くて横向きました。
アイドリングを落すとエンスト!

トライ2
完全にスクリューが横向いてます。w
手で支えると進みましたが手を離すとスクリューが船体に接触してエンスト!

トライ3
手で支えながらの走行でエンジンの回転を上げたら軸受が滑って終了!


テスト出発前5分で取り付けたスクリューが適当過ぎました。
角度も下を向き過ぎで本来の性能が出ていないようです。
それとフレキシブルシャフトの軸受は根本的な対策が必要なようです。

まぁーしかし、動きました。
この船はミニボートの規格内ですが、あくまでも模型船であって、それに人が乗り込もうという企画です。速度はスターリングエンジン並に超スローで走ることを目標としているので、今回のアイドリング走行に十分満足しています。エンジンとスクリューの組み合わせはこれでOKでしょう。

Stirling engine powered boats
https://youtu.be/82eOjjo9LPY


おそらくエンジンポンプにフレキシブルシャフトを繋いで船を動かそうとしたバカは世界初だと思います。しかし、こういうバカ企画がまれに人類の進歩に繋がる時もあるかもしれません。

すみません、言い過ぎました。m(_ _;)m
しかしトンボ多いなー