中華でクラウドファンディング、ジェットサーフの作り方


ようやく日本でもクラウドファンディングというビジネススタイルが一般化してきましたが、「glafit」という電動モペットが若者にウケているようです。


急坂も楽々、足漕ぎできる電動バイク 折りたたみ可能
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO19814110Z00C17A8000000?channel=DF260120166491

glafit「グラフィット」公式ホームページ
http://glafit.com/

自社開発のクラウドファンディングのスタイルになっていまが、おそらく原型はこの電動自転車だと思います。


○格納式リチウムバッテリーモペット電動自転車 「忍」20inch黒
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b270359841

以前からヤフオクに出品されてますが、アシスト自転車としてはパワフル過ぎて日本の公道では走行不可のチャリンコになります。かなりブラックでアウトローな商品ですが、ご近所で走っているのを見かけたことがあります。w
これに保安部品を付けたものがglafitで、電動バイクとして原チャリ扱いて公道も走れるようにしたものです。

フレームやブレーキなどが一部変更されていますが、この手の中華バイクの部品組み合わせは、それこそ星の数ほどあって出荷単位に細かな部品が変るほどです。問題は現地での品質チェックと管理体制、輸送時の管理と日本到着後の再検品と安全性テストが必要ですが、どうなんでしょう?

先日1300円で買った電動バイクと元値は同じくらいですが、チャリンコの形にすることで軽快感は演出されますが、フレームの強度やパワーは電動バイクのほうが格段にあるように思います。


電動バイクの分解とインプレ テラモーターズ SEED48
http://ttripper.blogspot.jp/2017/03/seed48.html

おそらくヤフオクの電動自転車に自分で保安部品を付ければナンバーも取得できると思います。もちろん自己責任で絶対に事故らない自信が必要ですが・・・w


この手の中華品マーケットとして「Aliexpress」が有名です。
ありとあらゆる中華部品を格安で調達できますが、今一番気になっているがコレです。
現在入手不可となってますが、2馬力程度のエンジンに適合した中途半端なサイズのジェットポンプです。


リモートコントロールモデルボートのガソリンエンジンモデル23~30ccジェットポンプジェットポンプインジェクタ
https://ja.aliexpress.com/item/Remote-control-model-model-boat-gasoline-engine-23-to-30-cc-jet-pump-jet-pump-injector/634448885.html

ラジコン用のジェットポンプとしては巨大なユニットですが、これにブラシレスモーターとアンプ、リポを付ければ電動のジェットサーフが作れると思います。

TOP 5 Jet Powered Electric Surfboards
https://youtu.be/ZYX9_A2QxKM


多少非力ですが免許不要のミニボートクラスに仕上げるとマーケットが広がるでしょうね。市販のジェットサーフは100万円程するので儲かると思いますよ。

クラウドファンディングしますか? w