レイトショーのキングコング 【ネタバレ】


レイトショーでキングコングを観てきました。

「キングコング:髑髏島の巨神」
http://wwws.warnerbros.co.jp/kingkong/



怪獣物は前回の「シン・ゴジラ」でがっかりしたので観るか迷ったのですが、
「キングコングがなければゴジラは誕生しなかった」
というコメントを見かけて、なるほどと納得して観に行くことにしました。

キングコングは1930年代から作られていてゴジラは1950年代からなので20年ほど先輩です。キャラクターは多少違いますがストーリや落としどころは同じようなもので、キングコングに多分に影響されているのは明白です。そういう意味で怪獣映画の本家は観ておく必要があるかもしれません。

何よりプロモーションビデオの出来の良さに惹かれました。
リズミカルで迫力のある映像編集は本編でも裏切ることはありませんでした。

Kong: Skull Island - Rise of the King [Official Final Trailer]
https://youtu.be/44LdLqgOpjo



==================================================
ここからはネタバレなので、これから観る予定のある人はリターンしてください。
==================================================


この映画、まず冒頭の音圧にビビりました。
正直ちょっと煩いくらいの音量でどんどん押してきます。

予告通り、コングは冒頭にあっさり登場しますが、チラ見せで焦らされるよりスッキリしてて余計なことを考えずにストーリーに入っていけます。

ほぼ全面CG編集されていると思いますが、映像的には過去の作品へのオマージュがたっぷりで、キングコングらしい風景に仕上がっている感じです。

ストーリー的には島の守り神的なコングが、探検隊が目覚めさせてしまった地底の怪獣達をやっつけるだけの単純なものですが、正義と悪の設定がハッキリしてて実にアメリカらしい娯楽映画に仕上がっています。何も考えずに迫力ある映像をただ楽しむだけのアトラクションムービーです。

プロモーションでも登場するヘリとコングの戦いのシーンは迫力がありましたが、どうなんでしょう?
ヘリなんて故障してオートローテーションで不時着するだけでも相当なダメージを受けるものですが、あれだけコングにぐちゃぐちゃに潰されたヘリから無傷で助かるなんてアメージングです。おそらくCG担当者が盛り過ぎたんでしょうね。w

ハリーハウゼンの時代からキングコングの戦闘シーンはこの映画の真骨頂ですが、完全CG化された現在もその文化はうまく受け継がれているようです。若干スケール感が部分的に誇張されているシーンもあったように思いますが、それも漫画チックな表現でOKかと思います。

戦闘シーンとは対照的に、巨大な水牛やコングの瞳を見詰めていると愛犬チョビを思い出しました。そんな感情を抱かせるほど瞳の愛情表現がうまかったと思います。

ただ残念だったが傭兵として雇われる主人公?のコンラッドは完全なミスキャストだと思います。頼れる傭兵のイメージとは程遠い感じで、イギリスで小指を立てて紅茶を飲んでいそような貧弱なトム・ヒドルストンを何故起用したのか不明です。

さらに日本語吹き替えはGACKTでしたが、これがもう全くダメダメです。
GACKTの鼻にかかったような細い声は違和感あり過ぎで、未開のジャングルでリーダーシップをとるような屈強なイメージとは全く合いません。しかも素人アフレコで映像とのマッチングもさっぱりです。
是非次回はアフレコなしの藤岡弘でお願いします。

この映画でも現在のアメリカと日本と中国のリアルな関係がにじみ出ていました。
冒頭の日本兵との戦闘シーンで日本へのヨイショを入れておいて、本編では中国への配慮でチョイ役としてジン・ティエンが出演しています。
バイオハザードのローラのような、ほとんどセリフもなくストーリー的には居なくてもよい役柄で、後付けアドオン感たっぷりな感じですが、興業プロモーション的には稼ぎどころへの配慮は大切なんでしょう。

その辺は差し引いて、やっぱり主人公はキングコングでしょう。
キングコングはデカくて強いのです。
ただそれだけで十分な映画です。

子供の時代からのキングコングのイメージを裏切らない童心に戻れる映画だと思います。
そういう意味で、昭和のオコチャマにオススメです。