バギーのバッテリーを交換して野良仕事


ブームが去って久しいですが、まだ中華バギーを弄ってる方はいるんでしょうか?
これを買ったのは2009年10月ですからもう6年半ほど経ちますが元気です。
当時から散々酷評されていますが、ここにきて絶好調なバニーちゃんは意外と良家のお嬢様だったかもしれません。


さすがにバッテリーは何度となく空っぽになっていますがそろそろ限界のようです。
今では充電してもセルはカチリとも動きません。
しかし逆に今までよく持ってものです。何せオール込みで3万円でしたからね。

バッテリーが無くても押しがけでエンジンはかけられますが面倒です。
そんなタイミングでアマゾンのポイントでおニューを貰っちゃいました。

左が旧バッテリーで11.6Vでした。
右がおニューで12.8Vです。


バッテリー交換で一発始動!絶好調です。
アイドリングの安定性はカブ号より遥かに優秀です。

お天気も良いので山まで椎茸とタケノコの収穫に行ってきました。
春雨のおかげで椎茸を大量にゲットしました。



何気にガーバーのツールナイフを無理やり使ってます。
こんな時しか使い道がありませんからね。(笑)

これくらいのサイズのタケノコが一番美味しいです。
春の恵みに感謝です。



道具は何でも使いようですが、中華バギーは農耕車として利用するのが良さそうです。
「アグリバギー」のキャッチコピーで売れそうな気がします。