Windows10リリース直前にWindows7を買う。


長く暗い道のりでした。
何度ブルースクリーンを眺めたことか、鮮やかだったなー・・・

マイクロソフトから正式なWindows10のリリース時期も発表されたことで決断しました。
ここは手堅くWindows7で過去の資産を継承したいと思います。


もちろんオクです。
主なスペックはこんな感じです。

O S:Windows7 64bit Professional
CPU:i5 680 - 3.6GHz
メモリ:8GB
ハード:SSD128GB+HD500GB
ビデオ:デュアル
LAN:ギガビット1000Mbps
USB:10個




OSはWin7の64bit Professional、64bitのメモリー空間とProfessionalのXPモードは外せません。
CPUはi5の第一世代ですが、メモリが8GBもあれば十分でしょう。

CPUの差なんて微々たるものですがSSDは無音で爆即です。
初めてExcel起動したときに早過ぎてビックリしました。

結果、以前のパソコンと比較すると、雲泥泥泥泥泥泥泥泥泥・・・・の差です。
長年溜まりに溜まった宿便が一気に流れ出たような爽快感!(すみません)

これでやっと人並みのネット生活が送れそうです。
今まで以上にネット依存にならないよう注意したいと思います。


さて、Windows10が7月29日にリリースされるようです。
Windows7からも無償でアップデートできるようですがどうされますか?
Windows10の特徴はこんなところですが、→が私の感想です。

・Microsoft Edge:Internet Explorerの後継となるまったく新しいブラウザーがバンドルされる。
→ Google chromeがあるので利用する予定はない。

・Word、Excel、PowerPointがビルトインされている。
→ 仕事以外では使わないので自宅では見たくもない。

・Xbox LiveとXboxのアプリではゲームの録画や会話、ストリーミングなどができる。
→ 古典的なゲームしかしないので不要。

・Windows Continuum:Windows 10搭載のデバイス間のシームレスな連携がサポートされる。
→ Windows Phoneとか使わないので不要。

・Windows Hello:新しいWindowsログインシステムは顔、虹彩、指紋の認識機能をサポートする。
→ 認証機能が必要なほど秘密主義ではない。

とりあえず1年ほどは様子を見るつもりです。
Windowsはサービスパックが出てからが本当のリリースですからね。
SP1のリリース時期を確認したからアップデートしてもいいかもしれません。

ということでニューマシーンは快適です。