木製自転車プロジェクト 「その1」 始動!


もう~い~くつ寝ると~お正月~♪
ということで、冬休みの工作に向けて模索を始めています。

先日、木製バイクをリセットしたのでいくらかの木材が手に入りました。
夏場の木工は地獄ですが、冬場の工作にはピッタリです。


エンジン付きの木製バイクで公道を走るわけにはいきませんが、
木製のチャリンコなら問題はなさそうです。

さすがに木製バイクはほとんど見かけませんが、木製自転車は普通に沢山あります。「Wooden bicycle」で検索すると市販品も含めて色々と出てきます。

日本でもいくつか販売されているようです。
中には200万円オーバーととんでもない値段が付いているものもあります。

佐野末四郎の世界
http://sanomagic.world.coocan.jp/

木製フレーム自転車「木龍」
http://www.suwacle.jp/

市販されている木製自転車のほとんどは、木材をエポキシなどの樹脂で固めた樹脂整形の自転車です。強度は上がるのでしょうがナチュラルな木製とは別物です。

できればもっと素朴な木製自転車がほしいのです。
色々とネットを探し回ってステキな木製自転車を見つけました。

Drewniany rower | Wooden bicycle.
http://youtu.be/ZW-xk9AaMV8

まさに私が思い描いた理想に近いチャリンコです。
これを参考に図面を起こしてみました。

フレームの設計は一般的なロードバイク仕様になっています。
自分の設計したチャリンコに乗れると楽しそうです。

ついでにアイスクリームの棒で模型を作ってみました。



ほのかなバニラの香りがそそります。(笑)