NSX-39 ポケミクで「ポケミク・ルーパー」 Web MIDI APII


ポケット・ミクは非常にコンパクトで手軽にミク声の演奏ができるのですが、
楽器として内装音源も演奏をしてみたいものてす。

本格的な曲作りはDTMで行えばよいのですが、
もっと手軽に音遊びができるツールを作ってみました。

一定のリズムで繰り返されるループサウンドにメロディを乗せる感じで、
音色を変えながら音を重ねていく音作りは楽しいものです。

ルーパーサウンドは即興音楽の楽しさがあると思います。
各パートの録音・再生・停止を組み合わせる楽しい音楽が作れると思います。


ポケミク・ルーパー
http://www6.plala.or.jp/TimeTripper/nsk39/mikulooper.html

対応OS:
Windows 8/7/Vista
Mac OS X 10.6 以降

対応ブラウザ:
Google Chrome Version 33 以降

※ Google Crome の「Web MIDI API」を有効にしてください。
 「chrome://flags/#enable-web-midi」

【利用方法】
 1.上記アドレスをコピーして一度ブラウザを閉じる。
 2.ポケミクをパソコンに接続する。
 3.ブラウザを起動し下記アドレスを開く。
 4.「入力」と「出力」を選択する。
 5.チャンネル単位に「Voice」から音色を選択し、オクターブを指定できます。
 6.「Tempo」「Step」を指定する。
 7.「Start」で演奏開始「Stop」で止まります。
 8.各エフェクタを選択すると全体に特殊効果かかる。
 9.各チャンネルの操作は【チャンネル操作】を参照。

【チャンネル操作】
ループ録音するステップとテンポを決めて「Start」ボタンを押すとガイド音がスタートします。
ガイド音に合わせてスタイラスで演奏して録音してくたさい。
ガイド音は「-」キーでオン・オフできます。

録音はテンポに合わせたステップ単位に行われます。
タイミングによってはうまく記録されない場合があります。

ポケミクでは同時に16パートの演奏が出来ますが、操作性から1~10チャンネルを選択できます。
キーボードの1~0のキーを押すと各チャンネルのオン・オフを切り替えできます。
上部がブルーのチャンネルが演奏対象になります。

数字キーの下のQ~Pのキーを押すと録音対象のチャンネルを変更できます。
下部がピンクのチャンネルが録音対象になります。
「@」を押すと録音対象のチャンネルのみ録音内容が消去されます。

1チャンネルはミク、10チャンネルはドラムに固定されています。
ミクは単音しか発音できないためシーケンス音と重なるとうまく発音されない場合があります。
ドラムはキーボードの各キーに割り当てられている音で録音ができます。

1チャンネルのミクはハードウェア的にスタイラスと直結しているため常に音がなってしまいます。
そこで他のチャンネルの録音持は1チャンネルのマスターボリュームを切っています。
よってミクを鳴らす場合は1チャンネルを録音設定に変更してください。

「Step」を変更した場合は「Reset」ボタンを押してください。
「Reset」ボタンを押すと全ての録音情報が消去されます。


【注意】
スタイラスは鍵盤部分を押さえてください。
上部のスライド部分を押さえると大量のピッチベンドデータが送信されるてうまく演奏できません。

短い歌詞と組み合わせると楽しいルーパーミクが作れるかもしれません。
お試しください。