縄文時代の日本地図と地球温暖化?


今から約7千年前から9千年前の縄文時代、
現在より数℃以上も気温が高く「縄文海進(じょうもん・かいしん)」と呼ばれる海水面か今より数メートル高い時期がありました。


ビジネス的に、現在は温暖化と言われてますが、
縄文時代と比較するとかなりの寒冷化が進んでいることになります。

縄文海進の原因は諸説ありますが、天文学的な太陽と地球の位置関係による気温変化で氷河が融け、海水の変動で海底のマントルが陸側に移動し陸域が隆起したとも言われています。

気候変動の原因も深層海流の蛇行によるもので、数百年単位に変化します。
今時は「温暖化ビジネス」にこの現象が利用されていますが、決してCO2の増加だけが気候変動の原因ではありません。

その多くの原因は太陽との天文的な位置関係の変化によるものです。
「温暖化ビジネス」は原発を利用するために科学的でなく政治的に作られたストーリーです。
国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は科学的というより政治的な集まりです。
つまりは人の都合によるものです。


で何が言いたいかというと、地盤の問題です。
江戸の中心地は元々は海の底で、沼地のようなものです。

今回の地震でかなり揺れたようですが地盤が不安定なのです。
さらに最近は埋立で地面を増やしていますので液状化現状も起こりやすくなっています。


調べて見ると地元の地形も相当変わってきたようで、地名でその名残がある地区も多数あります。
いずれにしろ地球規模で見れば取るに足りない大したことではない現象です。

今、日本付近の地盤は活動期に入ってきています。
色々とご注意ください。