ポケミク(NSX-39) 関連まとめ


ポケミク関連まとめ  更新:2014/07/03

学研 大人の科学マガジン 歌うキーボード ポケット・ミク
http://otonanokagaku.net/nsx39/




項目 内容
音源方式 eVocaloid、Wavetable方式(General MIDI)
最大同時発音数 64音
マルチティンバー数 内蔵音源16パート
波形メモリー 4MByte相当
ボイス数 eVocaloid(日本語) 、General MIDI×128種類
ドラムキット数 1ドラムキット(General MIDI)
エフェクター リバーブ×29種類、コーラス×24種類、インサーション×181種類、マスターEQ(5バンド)
電源 単4乾電池3本、USB電源
USB Micro USB
対応OS Windows 8/7/Vista、Mac OS X 10.6 以降



◆ポケミク関連プログ記事

NSX-39 ポケミクで「ポケミク・ルーパー」 Web MIDI APII
http://ttripper.blogspot.jp/2014/05/nsx-39-web-midi-apii.html

NSX-39 ポケミクで「ポケミク・シーケンサー」 Web MIDI APII
http://ttripper.blogspot.jp/2014/04/nsx-39-web-midi-apii_29.html

NSX-39 ポケミク復活! シッポ付き
http://ttripper.blogspot.jp/2014/04/nsx-39_24.html

NSX-39 ポケミク死亡 マイクロUSBソケットにご注意!
http://ttripper.blogspot.jp/2014/04/nsx-39.html

NSX-39 ポケミクで「ポケミク・キーボード」 Web MIDI API (ドラム付き!)
http://ttripper.blogspot.jp/2014/04/nsx-39-web-midi-apii_23.html

NSX-39 ポケミクでフィンガードラム 「ポケミクドラム」 Web MIDI API
http://ttripper.blogspot.jp/2014/04/nsx-39-web-midi-apii.html

NSX-39 ポケミクでゲーム 「ブロック崩し」  Web MIDI API
http://ttripper.blogspot.jp/2014/04/blog-post_18.html

NSX-39 「ポケミク音声時計」 Web MIDI API
http://ttripper.blogspot.jp/2014/04/nsx-39web-midi-api.html

演歌の花道 ポケミクで「また君に恋してる」
http://ttripper.blogspot.jp/2014/04/blog-post_8.html

ポケミクでチョビのテーマソングを作ってみました。
http://ttripper.blogspot.jp/2014/04/blog-post_5.html

歌うキーボード「ポケット・ミク」 GM音源テスト

YAMAHA NSX-1 発注! 学研「ポケット・ミク」

歌うチップ YAMAHA「NSX-1」からポケット・ミク
その前に懐かしのPC-6601が歌う「北の宿から」


◆ポケミク アプリ

大人の科学マガジン 「ポケミク アプリ」
http://otonanokagaku.net/nsx39/index.html


Yamaha-WebMusic GitHubPage へようこそ!
http://yamaha-webmusic.github.io/nsx1-apps/manual/



◆参考サイト

ポケット・ミク カスタマイズガイド v1.03?r2.5
http://otonanokagaku.net/nsx39/data/nsx39midiguide.pdf

本健の“DTMステーション”
http://www.dtmstation.com/archives/51888898.html

polymoog_elektel (ポケミクの総合プロデューサー)
https://twitter.com/polymoog

Michinobu UDA (ポケミクの回路プログラム設計)
https://twitter.com/uda807

eVocaloid/eVY1 部屋
http://www.din.or.jp/~boya/eVocaloid/

XGデータ入門~実践まで講座
http://www.dipss.com/dipss/dtmkouza/dtm-test.html

◆関連品

eVY1シールド
http://www.switch-science.com/pressrelease/evy1shield/

eVY1モジュール 株式会社アイデステクノロジ
http://evy1.aides-tech.com/



◆MIDI関連

※ 注意事項
Yamaha「NSX-1」のWEBアプリのサイトではWinodwsXPも対象となっていますが、ポケミクでは対象外となっています。XPでもMIDI接続は可能で歌詞の書き換えや簡単な演奏は可能ですが、MIDIデータで演奏するとプツプツとノイズが出たり、複雑なMIDI信号では音落ちやテンポがズレます。Vista以上で使用する必要があります。

polymoog_elektelさん より
NSX-1チップは「eVocaloid」と「Real Acoustic Sound」を同時に使用することはできません。
ポケミクは波形ROMやエンジンプログラムが「eVocaloid」専用で「Real Acoustic Sound」は使用できません。またデータの書き換え等も不可能です。
RASは単なる波形再生でなく、つなぎ処理等をDSPで行なうので、仮にeVocaloidとRAS両方が搭載されてたとしても、同時使用はできません(ポケミクはeVocaloidのみ搭載です)。


eVY1シールドも同様で「Real Acoustic Sound」は使用できません。おそらく現状は「Real Acoustic Sound」を利用できる市販品はないと思います。

下記のサックスのデモを見て誤解してる人も多いと思います。
デモはあくまでもNSX-1を利用した試作品で製品ではありません。
ご注意下さい。
http://youtu.be/7PkevujYccM



MIDI・作曲ソフト一覧
http://www.gigafree.net/media/midi/

使いやすいフリーのDTMソフト 「Music Studio Producer」 窓の杜ライブラリより
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/msproducer/



ExcleでMIDIファイルを再生 DirectXを使用
http://www.happy2-island.com/excelsmile/smile04/capter00402.shtml


★ 歌詞データの設定

1CHの「eVocaloid」にノートデータの前にエクスクルーシブデータを送信する。

「F0 43 79 09 11 0A 00 ** F7」

この**に文字番号を設定します。その文字番号についてはポケット・ミクのマニュアルに記載されていますが、「み」なら「65」、「く」なら「07」(いずれも16進数表記)のように1バイトの数字が割り振られています。

歌詞設定は「F0 43 79 09 11 0A 00 (文字番号1) (文字番号2) ... (文字番号n) F7」と一括して設定も可能。


★ Web MIDI AP 関連

Google Crome で 「Web MIDI API」 を有効にする。
chrome://flags/#enable-web-midi

Web MIDI API (日本語訳)
http://g200kg.github.io/web-midi-api-ja/

Web MIDI API 実験室
http://haramikata.jougennotuki.com/index_old2.html

Web Audio APIとWeb MIDI APIでパターンシーケンサー

nsx1-apps
https://github.com/yamaha-webmusic/nsx1-apps/


★ ピッチベンドデータを音階に変換する

スタイラスのピッチベンドデータを音階に変換する計算式です。
ただしポケミクのオクターブの切替スイッチは反映されません。
ピッチベンドデータの実測値は「12~116」でした。
53は音階(C4)への調整値です。

音階 = (ピッチベンドデータ-12)/4+53

【JavaScriptの事例】

function handleMIDIMessage1( event ) {
if( event.data.length>1) {
if(event.data[0]==224){
output.send( [0x81, pich, 0x00]); // CH2 ノートオフ(鳴りぱなし防止)
pich=(event.data[2]-12)/4+53; // ピッチベンドデータを音階に変換
document.voice_select.note.value=pich; // ドキュメントに音階表示
output.send( [0xB0,0x07, 0x00]); // CH1ミク消音
output.send( [0x91, pich, 0x7f]); //  CH2 ノートオン
}
if(event.data[0]==128){
output.send( [0x81, pich, 0x00]); //CH2 ノートオフ
}
}
}


★ システムエクスクルーシブ・サポート

ポケミク独自の文字情報を送信する場合は、システムエクスクルーシブ・サポートを伴ったMIDIシステムへのアクセスの取得が必要です。
その場合「 { sysex: true }」を記載しますが、ローカルではセキュリティ問題で動作しません。Web上にアップロードする必要があります。
navigator.requestMIDIAccess( { sysex: true } ).then( onMIDISuccess, onMIDIFailure );

通常のノートコード等だけなら「 { sysex: true }」なしのアクセスで動作します。
この場合はローカルでも動作します。
navigator.requestMIDIAccess( ).then( onMIDISuccess, onMIDIFailure );


★ リバーブ、コーラス一覧

リバーブにNo.8 「ROOM1」を設定する例
output.send( [0xF0,0x43,0x10,0x4C,0x02,0x01,0x00,2,16,0xF7] )

Reverb一覧表
No. Type MSB LSB
1 HALL1 1 0
2 HALL2 1 16
3 HALL3 1 17
4 HALL4 1 18
5 HALL5 1 1
6 HALL_M 1 6
7 HALL_L 1 7
8 ROOM1 2 16
9 ROOM2 2 17
10 ROOM3 2 18
11 ROOM4 2 19
12 ROOM5 2 0
13 ROOM6 2 1
14 ROOM7 2 2
15 ROOM_S 2 5
16 ROOM_M 2 6
17 ROOM_L 2 7
18 STAGE1 3 16
19 STAGE2 3 17
20 STAGE3 3 0
21 STAGE4 3 1
22 PLATE1 4 16
23 PLATE2 4 17
24 PLATE3 4 0
25 GM_PLATE 4 7
26 WHITE_ROOM 16 0
27 TUNNEL 17 0
28 CANYON 18 0
29 BASEMENT 19 0
30 NO_EFFECT 0 0


コーラスにNo.9 「GM_CHORUS1」を設定する例
output.send( [0xF0,0x43,0x10,0x4C,0x02,0x01,0x20,65,3,0xF7] )

Chours一覧表
No. Type MSB LSB
1 CHORUS1 66 17
2 CHORUS2 66 8
3 CHORUS3 66 16
4 CHORUS4 66 1
5 CHORUS5 65 2
6 CHORUS6 65 0
7 CHORUS7 65 1
8 CHORUS8 65 8
9 GM_CHORUS1 65 3
10 GM_CHORUS2 65 4
11 GM_CHORUS3 65 5
12 GM_CHORUS4 65 6
13 FB_CHORUS 65 7
14 CELESTE1 66 0
15 CELESTE2 66 2
16 FLANGER1 67 8
17 FLANGER2 67 16
18 FLANGER3 67 17
19 FLANGER4 67 1
20 FLANGER5 67 0
21 GM_FLANGER 67 7
22 SYMPHONIC1 68 16
23 SYMPHONIC2 68 0
24 ROTARY 66 18
25 NO_EFFECT 0 0


★ バリエーション・エフェクト一覧

かなり拡張されているポケミクのバリエーション・エフェクトの一覧です。意外とこれを整理するのに手間がかかったので貼っておきます。

例えばチャンネル(Device Number)のミク声(eVocaloid)にピッチチェンジNo.118 「PITCH_CHG1」をセットするのはこんな感じです。
MSB」「LSB」は10進数なので注意して下さい。

output.send( [0xF0,0x43,0x10,0x4C,0x02,0x01,0x40,80,16,0xF7] )

※Yamahaの仕様書によると57「FB_CHORUS」はコードが未設定です。誤植?

No. Name MSB LSB
1 HALL1 1 0
2 HALL2 1 16
3 HALL3 1 17
4 HALL4 1 18
5 HALL5 1 1
6 HALL_M 1 6
7 HALL_L 1 7
8 ROOM1 2 16
9 ROOM2 2 17
10 ROOM3 2 18
11 ROOM4 2 19
12 ROOM5 2 0
13 ROOM6 2 1
14 ROOM7 2 2
15 ROOM_S 2 5
16 ROOM_M 2 6
17 ROOM_L 2 7
18 STAGE1 3 16
19 STAGE2 3 17
20 STAGE3 3 0
21 STAGE4 3 1
22 PLATE1 4 16
23 PLATE2 4 17
24 PLATE3 4 0
25 GM_PLATE 4 7
26 WHITE_ROOM 16 0
27 TUNNEL_Simulates 17 0
28 CANYON_A 18 0
29 BASEMENT_A 19 0
30 DELAY_LCR1 5 16
31 DELAY_LCR2 5 0
32 DELAY_LR 6 0
33 ECHO_Two 7 0
34 CROSS_DELAY 8 0
35 TEMPO_DELAY 21 0
36 TEMPO_ECHO 21 8
37 TEMPO_CROSS 22 0
38 KARAOKE1_20 20 0
39 KARAOKE2_Echo 20 1
40 KARAOKE3_20 20 2
41 ER1_9 9 0
42 ER2_9 9 1
43 GATE_REVERB 10 0
44 REVERS_GATE 11 0
45 CHORUS1 66 17
46 CHORUS2 66 8
47 CHORUS3 66 16
48 CHORUS4 66 1
49 CHORUS5 65 2
50 CHORUS6 65 0
51 CHORUS7 65 1
52 CHORUS8 65 8
53 GM_CHORUS1 65 3
54 GM_CHORUS2 65 4
55 GM_CHORUS3 65 5
56 GM_CHORUS4 65 6
57 FB_CHORUS 0 0
58 CELESTE1 66 0
59 CELESTE2 66 2
60 SYMPHONIC1 68 16
61 SYMPHONIC2 68 0
62 ENS 87 0
63 FLANGER1 67 8
64 FLANGER2 67 16
65 FLANGER3 67 17
66 FLANGER4 67 1
67 FLANGER5 67 0
68 GM_FLANGER 67 7
69 T_FLANGER 107 0
70 PHASER1 72 0
71 PHASER2 72 8
72 EP_PHASER2 72 18
73 EP_PHASER3 72 16
74 T_PHASER 108 0
75 DIST_HEAVY 73 0
76 ST_DIST 73 8
77 COMP+DIST1 73 16
78 COMP+DIST2 73 1
79 OVERDRIVE 74 0
80 ST_OD 74 8
81 DIST_HARD1 75 16
82 DIST_HARD2 75 22
83 DIST_SOFT1 75 17
84 DIST_SOFT2 75 23
85 ST_DIST 75 18
86 ST_DIST 75 19
87 V_DIST_HARD 98 0
88 V_DIST_SOFT 98 2
89 AMP_SIM1 75 0
90 AMP_SIM2 75 1
91 ST_AMP1 75 20
92 ST_AMP2 75 21
93 ST_AMP3 75 8
94 ST_AMP4 75 24
95 ST_AMP5 75 25
96 ST_AMP6 75 26
97 DST+DELAY1 95 16
98 DST+DELAY2 95 0
99 OD+DELAY1 95 17
100 OD+DELAY2 95 1
101 CMP+DST+DLY1 96 16
102 CMP+DST+DLY2 96 0
103 CMP+OD+DLY1 96 17
104 CMP+OD+DLY2 96 1
105 V_DST 98 1
106 V_DST 98 3
107 DST+TDLY 100 0
108 OD+TDLY 100 1
109 CMP+DST+TDL 101 0
110 CMP+OD+TDLY1 101 1
111 CMP+OD+TDLY2 101 16
112 CMP+OD+TDLY3 101 17
113 CMP+OD+TDLY4 101 18
114 CMP+OD+TDLY5 101 19
115 CMP+OD+TDLY6 101 20
116 V_DST_H+TDLY1 103 0
117 V_DST_S+TDL1 103 1
118 PITCH_CHG1 80 16
119 PITCH_CHG2 80 0
120 PITCH_CHG3 80 1
121 AUTO_WAH1 78 16
122 AUTO_WAH2 78 0
123 AT_WAH+DST1 78 17
124 AT_WAH+DST2 78 1
125 AT_WAH+OD1 78 18
126 AT_WAH+OD2 78 2
127 TOUCH_WAH1 82 0
128 TOUCH_WAH2 82 8
129 TC_WAH+DST1 82 16
130 TC_WAH+DST2 82 1
131 TC_WAH+OD1 82 17
132 TC_WAH+OD2 82 2
133 CLAVI_TC 82 18
134 EP_TC 82 19
135 WH+DST+DLY1 97 16
136 WH+DST+DLY2 97 0
137 WH+DST+TDLY 102 0
138 WH+OD+DLY1 97 17
139 WH+OD+DLY2 97 1
140 WH+OD+TDLY1 102 1
141 WH+OD+TDLY2 102 16
142 MBAND_COMP 105 0
143 COMPRESSOR 84 0
144 NOISE 83 0
145 ROTARY_SP1 69 16
146 ROTARY_SP2 71 17
147 ROTARY_SP3 71 18
148 ROTARY_SP4 70 17
149 ROTARY_SP5 66 18
150 ROTARY_SP6 69 0
151 ROTARY_SP7 71 22
152 2WAY_ROT 86 0
153 DST+ROT_SP 69 1
154 DST+2ROT_SP 86 1
155 OD+ROT_SP 69 2
156 OD+2ROT_SP 86 2
157 AMP+ROT_SP 69 3
158 AMP+2ROT_SP 86 3
159 DUAL_ROT 99 0
160 DUAL_ROT 99 1
161 TREMOLO1_70 70 16
162 TREMOLO2_71 71 19
163 TREMOLO3_Rich 70 0
164 EP_TREMOLO 70 18
165 GT_TREMOLO1 71 20
166 GT_TREMOLO2 70 19
167 AUTO_PAN1 71 16
168 AUTO_PAN2 71 0
169 EP_AUTOPAN 71 21
170 AUTO_PAN3 71 1
171 EQ_DISCO 76 16
172 EQ_TEL 76 17
173 2BAND_EQ 77 0
174 3BAND_EQ 76 0
175 HM_ENHANCE1 81 16
176 HM_ENHANCE2 81 0
177 ST_3BAND 76 18
178 VCE_CANCEL 85 0
179 AMBIENCE_Blurs 88 0
180 TALKING_MOD 93 0
181 ISOLATOR_Controls 115 0
182 NO_EFFECT 0 0
183 THRU_Bypass 64 0



◆Yamaha「NSX-1」チップ情報

Yamaha NSX-1
http://jp.yamaha.com/news_release/2013/13102301.html

YMW820(NSX-1) MIDI仕様書
http://yamaha-webmusic.github.io/nsx1-apps/specs/ANMW820A-001-10-j.pdf

ポケミク搭載チップの型番
「YAMAHA YMW820-S 1347 VFDC」

ポケミクのCPU
「GPEL3101A」


音源仕様
項目内容
音源方式eVocaloid™、Real Acoustic Sound、Wavetable方式(General MIDI)
最大同時発音数64
マルチティンバー数内蔵音源16パート、A/Dインプットパート×2
波形メモリー4MByte相当
ボイス数eVocaloid™(eVY1(日本語)) / Real Acoustic Sound×30種類
General MIDI×128種類
ドラムキット数1ドラムキット(General MIDI)
エフェクターリバーブ×29種類、コーラス×24種類、インサーション×181種類、マスターEQ(5バンド)

ハード仕様
項目内容
ホストインターフェイスSPI/8bitパラレル/16bitパラレル
オーディオインターフェイスインプット×2、アウトプット×2
電源仕様[I/O] 1.65V - 3.6V [Core] 1.02V - 1.20V
消費電力[待機時] 10μA [動作時] 12mA ~ 22mA
パッケージ80-pin LQFP (0.5mmピッチ, 12mm×12mm),
76-ball FBGA (0.5mmピッチ, 4.9mm×4.9mm)