「積極的平和主義」の意味


「積極的平和主義」とは、簡単には「消極的平和主義」の対義語です。

消極的平和主義は、平和に過ごすために戦争は選択しないということです。

これには「やられてもやり返さない」という意味も含まれます。

日本は敗戦後、一貫してこのポリシーでやってきました。


積極的平和主義はその真逆で、他人を殺しても自分は生き残るという考え方です。

そのためには憲法改正も必要でしす、集団的自衛権の法律も変更する必要があります。

この考え方はアメリカそのものです。

弾撃って平和を勝ち取る方法です。

そのアメリカの傘の下から外されつつあることも事実です。

我が身は自分で守るという基本原則に基いているとも言えます。


経済主義を突き進む以上、戦争は避けることは出来ません。

そのための準備をしようということだと思います。

ターゲットは一番の隣国からになることは明白です。


これを良しとするかダメなのか、この第185臨時国会で審議されます。

また別の運命の日は2日後に迫っています。

世界は日々動いていますが、日本は大きな方針転換をしようとしています。


アベちゃんは「実行なくして成長なし」とも言いました。

どこまで成長すれば大人になれるのでしょうか?


それを問いたい。